プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

花様 西梅田店で店長させて頂いてます。

数少ない花様立ち上げメンバーの一人です。

実は元お笑い芸人という異質な過去を持っています。
飲食歴かれこれ13年ですが、日々勉強の毎日です。

大阪を、関西を、日本を、飲食業界から一緒に盛り上げていきましょう★

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 地球を守る リヴィング・アース | メイン | 今週の4/27~5/1の日替わり御前の内容です♪ »

2009年4月25日 (土)

玉葱と涙の関係!

玉ねぎのスライスをしていると目が痛くなり涙がでます。これはよくある経験ですよねsad

私の失敗の原因はスライサーの刃の消耗にありました!

目にしみる成分は硫化アリルなのですがこのツーンとする成分は玉ねぎの細胞内の別々の場所の成分同士が出会う為に発生しますsign01


ですから包丁で切った後は目が痛くなるんですね、


ですから切れ味の悪い包丁を使用すると余計に細胞を潰してしまい目の痛みの原因が増加するんですね。


包丁を万年研がずに使用している方は玉ねぎに苦しめられていませんでしたか?


包丁を研ぐか新調してみてはいかがでしょう?

また水分の蒸発で目が染みますので、まな板や包丁、切る直前に玉葱を冷やしておく良いですよhappy01

補足としてこの成分は血液をさらさらにしたり、血栓を予防してくれるとても体に有効な成分ですので悪さばかりではないんですよ。

この成分は水にさらすと極端に減少するので、辛味をとっておいしくたべるか、水にさらさず、辛味を楽しみ栄養も同時に摂るかは個人の自由です♪

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/566493/28437245

玉葱と涙の関係!を参照しているブログ:

コメント

いつもたのしく拝見させていただいてます。
本当に素晴らしいですお店のコンセプトや姿勢が。
凄く興味深く勉強になるお話ですね。僕ももう15年ほど厨房いますがどんなジャンルにおいてもたまねぎは絶対に欠かせませんよね。包丁を綺麗に研いで置かないと微塵切りにした時なんかはちょっと色がついたりしますから正にそのとおりですよね。

で私は薄くスライスすると水にさらす習慣があるのですがたしかに野菜は茹でたりいためても栄養の形は変わるんですよね。

辛味を残すというのは野菜の本来の姿ではあるんでしょうけど。さすが野菜のプロですね。

ともあれ新たまねぎは凄く好きなので触るとなんか幸せになります。

ナガリュウさん

いつも見ていただき光栄です

野菜の奥の深さは飲食の奥の深さに通じるものがあるようにかんじます

水にさらすのは常識ですがあえてさらさなければどうなるのかって考えたら興味出てくるんですよね

酵素なんかも体に必要ですが加熱で消えてしまう栄養なんですよね、、

野菜って面白い!

勉強になるなぁ・・・
ほんとに。

こういうの ドンドン教えて下さいよ(^^)
私 賢くなれます♪(笑)

ナガリュウさんが おっしゃっているように 水にさらして食べるのが
一般的だと思ってましたが、さらさず辛味と栄養を楽しむ、、なんて。
思っても見なかった☆

>TOUFUさん
勉強になると言っていただきありがとうございます!

ブログ名も『野菜の詩』ですので野菜の魅力満載のブログにします!

野菜の効能コミュも管理しているの今回の内容のようなブログだけあつめてるんで覗いてくださいね♪

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

花様 ka-you 北新地 近江自家栽培ファーム直営店 のサービス一覧

花様 ka-you 北新地 近江自家栽培ファーム直営店